コーキング職人による、肉厚コーキング

> > コーキング職人による、肉厚コーキング

コーキング、シーリング情報

コーキング職人による、肉厚コーキング



今回は、コーキング職人による実際のコーキング作業のご紹介です。
見積もり調査の際のコーキングの状態も確認することができます。

サイディング目地のコーキング見積もり時の状態


シールが肉やせして目地がスカスカな状態です。
指で押すとさらにそのスカスカ具合がわかります。
これでは、雨水が浸入し放題で、内部からの腐食やカビの発生などの原因になりかねません。

そうなってしまうと、サイディングーボードの張り替え工事や、その内部が傷んでいたりしたら、さらに大規模な修繕工事になり、大きな家計の負担につながってしまいますので、注意が必要です。


サッシ回りの目地の養生


このように非常に作業のしづらい部分もあったりします。
こういった部分は、コーキング材の注入作業や、ならしの作業も非常にやりづらい部分ですが、しっかりと養生をしておくことで、肉厚ボリュームのあるコーキングを施工することに繋がります。


見えづらい部分であってもしっかりやらないと、そこから傷みが進行してしまうということも有り得るので、こういった部分は職人の腕の見せどころでもあります。


プライマーを塗布し、注入作業です。

コーキング材の注入作業


このブログでも紹介しました、2液タイプのコーキング材です。
2液タイプ専用のコーキングガンに充填し、注入していきます。
中腰の姿勢、しゃがんでやらないといけない部分などもあり、非常に身体に負担がかかります。

しっかり、たっぷりと注入したあとは、バッカーを使用してのコーキング材のならし作業です。

コーキング材のならし作業


ただ撫でているだけのようにも見えますが、空気を入れないよう、そして、目地の奥までしっかりとコーキング材がいきわたるよう、ならしていっています。


こうやってお家のコーキングは仕上がっていきます。

コーキング仕上がり

  • 塗装・塗り替え専門用語集
  • 一級塗装技能士が施工・運営「塗装職人」
  • 横浜市役所内の廊下を税金を使わず工事費ゼロで塗装しました「廊下プロジェクト」

▲ページトップ